/

この記事は会員限定です

コロナや半導体不足しのぐ トヨタ、20年度生産想定通り

[有料会員限定]

トヨタ自動車は新型コロナウイルスや半導体不足といった逆風をしのぎ、2020年度の世界生産計画を維持する。国内だけをみてもコロナ感染拡大で2度の緊急事態宣言を経験し、昨年10月には旭化成の宮崎県の工場火災で部品供給に懸念が出た。昨秋以降の世界的な半導体不足も響いた。緻密な調達計画や生産車種の調整によって影響を最小限に抑え、想定通りの生産につなげた。

20年度の世界生産が前年度比6%減の825万台となる見通しであること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン