/

伊勢神宮の混雑情報、ネットで公開 28日から伊勢市

三重県伊勢市は28日、伊勢神宮の内宮前の混雑情報をインターネットで公開する。新型コロナウイルスの感染防止対策の一環で、3密の緩和を図るのが狙い。

市観光振興課によると、おはらい町など内宮の参道沿いの3カ所にAI(人工知能)を搭載したカメラを1台ずつ設置した。市や市観光協会のホームページ上で、「混雑している」「やや混雑している」「空(す)いている」の3段階に分けて人の流れをリアルタイムで表示する。

2021年1月中旬以降、外宮前など市内の主要地点でも同様のサービスを始める。AIの機能を使った1週間~1カ月先の混雑予測については「21年度中のサービス開始を目指す」(観光振興課)としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン