/

この記事は会員限定です

中部企業、若手の「在宅」解除にカジ 人材育成に危機感

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染防止を目指した様々な規制が解除され社会経済活動が再開する中、中部企業が最適な働き方を模索している。若手の人材育成や活発な対面コミュニケーションを狙って出社の社内基準を緩める企業がある一方、感染防止を重視して在宅・リモート勤務の推奨を続ける企業も目立つ。

「成長の遅れや早期退社につながりかねない」。ネットサービスのエイチームは緊急事態宣言の解除後に、新卒入社2年目までの社員を原則出社に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン