/

この記事は会員限定です

松阪牛、3年ぶりのセリ 「女王」取引に影落とす飼料高

[有料会員限定]

黒毛和牛の最高級品ともいわれる三重県産の松阪牛の共進会が27日、3年ぶりに同県松阪市で開かれた。松阪牛の「女王」を決めるともいわれ、最高価格は2019年に並ぶ1頭2600万円だった。高値を関係者は喜ぶが、飼料などのコスト高が肥育農家の経営を圧迫。川下の飲食・食品業界も浮かぬ表情だ。

「コロナ前の19年と最高価格が同じになった。ありがたいことだし、安心した」。今回のセリが終わった直後、セリの主催団...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1573文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません