/

この記事は会員限定です

静岡・湖西市、水道料金収納を豊橋市と 年3500万円削減

データで読む地域再生

[有料会員限定]

東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)で2009年度から19年度にかけ、総延長のうち設置から40年を超える老朽水道管の比率の増え方を最も抑えたのは岐阜県だった。続いて静岡、愛知、三重の順となった。水道事業維持のため、住民の理解を求めながら料金を引き上げたり、周辺自治体や民間事業者と協力して経費を抑えたりする動きが相次ぐ。

岐阜県本巣市は4月1日から、水道料金を平均29%上げる。改定は18年ぶり。同市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン