/

この記事は会員限定です

トヨタ車再び品薄 4割が納期5カ月超、レクサス受注停止

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍や半導体不足で自動車が品薄となり、トヨタ自動車の人気車種の納期が再び長期化している。現時点で、多目的スポーツ車(SUV)「ランドクルーザー」と、1月発売の高級車レクサスの新型「LX」はどちらも4年待ちで、レクサスの新型「NX」は受注を止めた。販売店は顧客への説明に苦慮している。

「まだ納車できないんですか」。ある男性会社員は2021年8月に先行予約したレクサスの新型NXがまだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン