/

この記事は会員限定です

デンソーの有馬社長「EV対応へ 技術者配置を流動化」

2022年の進路 中部企業トップに聞く①車の電動化

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が長引く中で2022年の中部経済が幕を開けた。難しい経営判断を求められる主要企業のトップに見通しと戦略を聞いた。

――トヨタ自動車が2030年に電気自動車(EV)350万台を販売する目標を掲げました。

デンソーは売上高の3割ほどがエンジン関連だ。供給量が減る分を埋める仕事を協力メーカーと考え、対応できる体質を作る。『元気にやりましょう』という方向で考えたい。それでも事業の再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン