/

この記事は会員限定です

日銀名古屋支店長「円安 消費への影響注視」

[有料会員限定]

円安や原材料高、新型コロナウイルスなど、中部地方の景気には逆風が続く。日本銀行名古屋支店長へ、5月末に就いた中島健至支店長に景気の見方を聞いた。

――円安に拍車がかかっています。

「この地域は製造業や輸出企業が大きいが、円安のプラス効果が大きいと決めつけるのは良くない。最近は円安と原材料高が混乱している。プラスの効果が出ている企業が賃上げや設備投資といった行動に移し、経済全体が回っていけば良いが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り396文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン