/

この記事は会員限定です

トヨタ、生産挽回2~3月がヤマ 部品・人手に残る懸念

[有料会員限定]

トヨタ自動車が世界生産計画の達成に向け正念場を迎えている。トヨタが複数の部品会社に示した2022年1~3月の生産計画から試算したところ、21年度は計画(900万台)を上回る920万台弱となりそうなことがわかった。新型コロナウイルス禍で断続的な減産を強いられてきたが、年度末にかけて増産し挽回する考えだ。ただ、半導体調達や人手確保に対する懸念が残り、22年2~3月の生産が焦点となりそうだ。

24日発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン