/

この記事は会員限定です

医療資源を重症者に 名古屋市、濃厚接触調査を断念

[有料会員限定]

名古屋市は24日、新型コロナウイルスの感染者の濃厚接触者を調べる「積極的疫学調査」を原則中止にすると発表した。感染者が出た事業所や学校での大規模検査も当面やめる。感染者が自ら濃厚接触者を指名し、該当者には自主的に10日間の自宅待機を求める。一定の感染拡大を容認し、重症化するリスクの高い感染者の対応に医療資源を集中させる。

名古屋市はこれまで、感染者と接触した濃厚接触者を積極的に追跡調査して隔離す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン