/

三交不動産、名駅で「第2名古屋三交ビル」起工式 26日

三重交通グループホールディングス(GHD)傘下の三交不動産は26日、名古屋市で賃貸用オフィスビル「第2名古屋三交ビル(仮称)」の起工式を行う。地上14階地下1階で総事業費は約95億円。開業は2024年春を予定している。名駅エリアの所有不動産の再開発事業の一環で、市営地下鉄桜通線国際センター駅や既に開業している「名古屋三交ビル」に近い。

第2名古屋三交ビルは一般財団法人建築環境・省エネルギー機構による「スマートウェルネスオフィス認証制度」で、東海地方で初の最高評価であるSランクを取得した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン