/

この記事は会員限定です

トヨタ春季交渉、職場課題に重点 賃金中心議論を脱却

[有料会員限定]

トヨタ自動車労使の2021年春季労使交渉が24日、愛知県豊田市の本社で始まった。トヨタは近年、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分や一時金の水準だけではなく会社の課題について話し合う交渉に取り組んでおり、24日に開いた第1回の労使協議会では賃金について労使ともに言及しなかった。今年は仕入れ先や販売店も含めた競争力の向上や組合員の能力発揮が焦点だ。

24日の交渉で豊田章男社長は、新型コロナウイルス禍での組合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン