/

「コロナを乗り越える」 岐阜知事5選の古田氏が抱負

24日投開票の岐阜県知事選で、無所属現職の古田肇氏(73)が5選を決めた。半世紀ぶりとなる保守分裂の混戦で、現職として感染症対策や財政再建の実績をアピール。対抗馬の無所属新人、江崎禎英氏(56)ら3人を制した。古田氏は「県民とともに目の前の敵、コロナを乗り越える」と述べ、県政史上初の5期目に向けた抱負を語った。

当選を決め花束を手にする古田肇氏㊥(24日、岐阜市)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自らの街頭演説を取りやめ、知事の公務を優先した古田氏。開票日の夜も選挙事務所に支持者を集めず、午後10時半ごろ当選確実の報を受けても恒例の万歳は自粛した。紺色の作業着に身を包んだ古田氏は真剣な面持ちで関係者から祝福の花束を受け取った。

古田氏は「DX(デジタルトランスフォーメーション)やSDGs(持続可能な開発目標)にも取り組む」と話した。保守分裂については「行政と県議会、車の両輪としてお互いに切磋琢磨して頑張りたい」と述べた。オンラインであいさつした自民党岐阜県連会長の野田聖子衆院議員は「謙虚に県民に寄り添う気持ちで」と激励した。

落選が決まり支援者に頭を下げる江崎禎英氏(24日、岐阜市)

今回の知事選では、これまで古田氏を支援してきた自民党県連が割れ、55年ぶりに保守分裂の戦いとなった。野田氏ら国会議員の多くが現職を支持したのに対し、一部県議が不支持の姿勢を崩さず、経済産業省出身で岐阜県に出向経験がある江崎氏を擁立した。今後も次期衆院選や県議会運営への影響が懸念される。

敗れた江崎氏は「たくさんの支援に応えられず、申し訳ない。認知度を浸透させる時間が足りなかった」と支援者に頭を下げた。「今後の活動は関係者とよく相談して決めていきたい」と話した。

江崎氏を支援した地元重鎮の猫田孝県議は「力不足で、現職の壁は高かった。本人のことを考えながら今後も県政をしっかり進めていく」と話した。

このほか元教諭で新日本婦人の会県本部会長の新人、稲垣豊子氏(69)=共産推薦=と、元県職員で無所属新人の新田雄司氏(36)が子育て支援の拡充など県民目線の政策を訴えて戦ったが、及ばなかった。

県選挙管理委員会によると投票率は48.04%で、前回の36.39%を上回った。投票率が45%を超えるのは2001年以来。23日までに期日前と不在者投票を済ませた人数は前回より約7割多い35万9千人に上り、有権者全体の約22%を占めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン