/

この記事は会員限定です

コロナ禍克服、環境・デジタルへ投資 中部企業トップ

[有料会員限定]

中部地方の多くの企業、自治体で2021年の仕事始めとなった4日、経営者らが年頭所感を表明した。新型コロナウイルス禍の克服とともに、新たな成長に向けて環境対応やデジタル分野に一段と力を入れたいという声が目立った。

新型コロナの新規感染者数は年末年始にさらに増え、愛知県や岐阜県では飲食店への時短・休業要請が続く。名古屋商工会議所の山本亜土会頭は「厳しい経済情勢の長期化が予想され、倒産や廃業が急増するこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン