/

この記事は会員限定です

暗号技術でデータを守り活用 アカンパニー高橋亮祐社長 

テクノロジストの時代

[有料会員限定]

ビッグデータの活用と個人情報保護の両立は企業経営の要諦だ。「秘密計算」という暗号技術で実現を目指すのが名古屋大学発スタートアップ、Acompany(アカンパニー、名古屋市)の高橋亮祐社長だ。

秘密計算はデータを暗号化したまま分析する技術だ。従来、個人情報などのデータはサーバーに保存するときに暗号化するが、このデータを分析する際には元の状態に戻す必要がある。同社の技術はデータを断片に分けて暗号化し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン