/

中部空港、夏休みにグアムやハワイ 国際線徐々に再開

中部国際空港で国際線の運航が徐々に回復している。空港運営会社は30日、7月1日から34便と6月1日時点より3便増えると発表した。新型コロナウイルスが流行する前の19年と比べると8%にとどまるが、空港内では店舗の再開も進んでいる。海外旅行や訪日観光の本格的な受け入れに準備が進む。

7月は1日からソウル、マニラに向かう便が増える。3日からは新たにベトナム・ハノイとの間にベトジェットエアの定期便が週4便運航する。今夏は8月に日本航空(JAL)が国際線の定期運航を再開してハワイ・ホノルルを結ぶ。「8月前半はすでに7割以上の予約が入っていたり、ビジネスクラスがほぼ満席だったりする日がある」(同社)。コロナ禍で他の企業などに出向していた従業員を徐々に復職させ、閉鎖していたカウンターも準備を始める。

さらにユナイテッド航空のグアム線も2年ぶりに運航。9月からは台湾・台北との間で週5便増える。

コロナ禍前の19年冬ダイヤのピーク時には中部空港を発着する国内線が19都市、国際線は42都市あったが、20年春には国際線がゼロに減少。今年7月1日時点では国内線17都市、国際線8都市まで回復する。

空港内の店舗はコロナ禍前に130あり一時30まで減ったものの、6月には100店が開いている。無人決済を取り入れた土産店や、お好み焼きチェーンの「ぼてぢゅう」といった新しい店もオープン。7月8日からは新たに和風の雑貨を売る店が出店する。訪日観光客(インバウンド)を増やす取り組みとして忍者が観光客を出迎えるイベントも20年から中止していたが、5月から本格的に再開した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン