/

トヨタの地図基盤、三菱ふそうも活用 カーブ走行で警告

トヨタ自動車グループのウーブン・アルファは23日、開発中の自動地図生成プラットフォーム(AMP)を三菱ふそうトラック・バスが活用すると発表した。今年中に運転支援機能の共同研究を始め、10以上の実証実験を検討する。まずトラックがカーブに進入する際の速度超過を警告する装置に応用。高精度な地図データを使う効果を検証する。AMPはいすゞ自動車日野自動車も活用する方針を示しており、トヨタグループの枠を超えて商用車の安全性向上を進める。

地図データを活用しカーブの進入タイミングを適切に予告する

三菱ふそうが開発するカーブ進入時速度超過警報装置にウーブンのAMPで生成した高精度地図データを読み込ませ、搭載した大型トラックを走行させる実証実験を始める。同装置は運転手にカーブ進入を適切なタイミングで予告し、安全な速度への減速を促す。装置の精度向上には道路の状況を正確に予測・認識することが重要で、高精度地図データが安全性向上につながるとみる。

ウーブンが開発するAMPは、車両の走行情報や衛星写真などから高頻度に低コストで高精度地図データを生成できる。同社のAMPは、いすゞと日野も小型トラックの自動運転技術開発などで活用する方針だ。ウーブン・アルファはトヨタ子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスの傘下にある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン