/

この記事は会員限定です

貸谷伊知郎豊通社長「環境車、先進国で需要旺盛」

2021年 コロナ下の舵取り 中部企業トップに聞く①グローバル景気

[有料会員限定]
2021年はコロナ禍が続く中で始まった。1都3県で再度の緊急事態宣言発令が見込まれ国内外で経済制約が強まる中、企業経営の舵(かじ)取りは難度を増す。米国では新政権移行を控え世界的に脱炭素の動きが加速する。中部の主要企業トップに見通しと戦略を聞いた。

「2021年の事業環境を天気に例えると『雨のち曇り』だ。年後半以降には時々晴れ間を期待する。経済が全体的に回復するのには3年ほどかかるだろう。潜在需要が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン