/

トヨタグループ、三菱重工などの人員数百人受け入れ

トヨタ車体のいなべ工場(三重県いなべ市)

トヨタ自動車グループのトヨタ車体が三菱重工業の人員を出向の形で2月から受け入れることが23日分かった。すでに川崎重工業などが人員を送っており、受け入れ規模は数百人に上る。重工メーカーは航空部品の需要低迷で余剰人員を抱える一方自動車メーカーは増産が続く。業種の垣根をこえて人を融通しあう動きが国内を代表する製造業にも広がってきた。

新型コロナにともなう航空機需要の落ち込みで重工メーカーでは工場の稼働が低下している。米ボーイング向けの航空部品の受注減に加え、三菱重工グループが手掛ける国産ジェット旅客機「スペースジェット」の事業化凍結も響く。一方でトヨタは2020年春を底に生産が回復している。中国などで販売が好調で土曜日も稼働するなどして需要の急回復に対応している状態だ。

三菱重工は複数社に社員の一時的な受け入れを打診しており、トヨタもグループを通じて応じた。トヨタ車体は多目的スポーツ車(SUV)「ランドクルーザー」の生産が好調で、愛知県や三重県の工場で人手が足りていない。エアバッグなどを手掛ける豊田合成も受け入れを検討している。

新型コロナの問題が大きくなって以降、トヨタが他社の人員を受け入れるのは初めて。過去には2010年代に電機業界からの出向者を引き受けたことがある。

長引くコロナ禍で余剰人員を抱える企業が増える一方、人手不足に悩む企業も出ている。雇用のミスマッチの解消策として、ノジマはこのほど全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)から300人を受け入れた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン