/

この記事は会員限定です

トヨタ、実証都市着工 「未来の創造に挑戦する街に」

[有料会員限定]

トヨタ自動車は23日、静岡県裾野市に建設する実証都市「ウーブン・シティ」の建設工事に着手した。約70万平方㍍の工場跡地を使い、地上に自動運転車や歩行者などの専用道を設ける。自動運転やコネクテッドカー(つながる車)のほか、スマートシティー(次世代都市)の情報基盤といった先進技術の実装を計画する。実証実験の街づくりが始まった。

23日午前、現地で地鎮祭を催した。出席した豊田章男社長は「『人中心の街』『実証実験の街...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り453文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン