/

この記事は会員限定です

愛知県の新興拠点「ソフトバンク流」7人のメンター

[有料会員限定]

2022年春、ソフトバンクが愛知県のスタートアップ育成拠点「プレ・ステーションAi」の運営を始めた。名古屋駅近くのシェアオフィスで85社がしのぎを削る。メンター(助言役)はベンチャーキャピタル(VC)や、株式上場を経験した7人。運営会社の佐橋宏隆社長は「市場での健全な競争による多産多死は構わない」と起業の鉄則を掲げている。

「先日ご紹介した銀行との面談はうまく行きましたか?」。ソフトバンクグループ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン