/

この記事は会員限定です

中部8社の機械受注、25カ月ぶり増  中国で車・建機好調

[有料会員限定]

工作機械の市況悪化にひとまず歯止めがかかった。中部経済産業局が25日発表した11月の受注額(主要8社ベース)は、25カ月ぶりに前年同月比でプラスに転じた。新型コロナウイルス禍でも中国向けがいち早く復調し、通信や車、建設機械向けの需要回復が鮮明だ。

集計対象はオークマやヤマザキマザック、三菱電機など中部に生産拠点を置く8社。11月の受注額は281億円と2%増えた。前年を上回るのは2018年10月以来。国内向けは26...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン