/

東海道線の夜行快速、運行終了 「ムーンライトながら」

JR東日本とJR東海は22日、東海道線の東京―岐阜・大垣間の臨時夜行快速「ムーンライトながら」の運行を終えると発表した。低料金の夜行バスやビジネスホテルの普及で需要が減少しており、車両の老朽化も進んだため。これに伴い東海道線の夜行快速は姿を消す形となる。

運行終了が決まった「ムーンライトながら」(JR東日本提供)

ムーンライトながらは1987年の国鉄民営化前から運行していた歴史がある。96年の全席指定席化とともに岐阜県を流れる長良川にちなみ、現在の名称となった。2009年から臨時列車となり、毎年の春休みや夏休み、年末年始といった一定期間に走っていた。新型コロナウイルス禍で20年夏以降は運休しており、20年3月が最後の運行となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン