/

愛知で294人感染 知事「自粛で緊急事態宣言回避を」

愛知県は22日、新型コロナウイルスの感染者が新たに294人確認されたと発表した。木曜としては1月28日以来の高い水準だ。直近7日間平均の新規感染者は226人となり、県が国に緊急事態宣言を要請する目安の260人に近づいている。大村秀章知事は22日の記者会見で「何とか自粛して宣言にならないように感染を抑え込みたい」と述べた。

県では20日から宣言に準じた措置を取る「まん延防止等重点措置」が適用されている。重点措置の効果が見えるのは2週間後の5月初旬以降だが、大村氏は「2週間というのはあまり関係がない」と指摘。新規感染者数や入院患者数などの数値が国の感染指標で最も深刻な「ステージ4」に近づく可能性が高くなれば、宣言要請を検討する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン