/

この記事は会員限定です

名古屋の地価回復、逆張り個人けん引 地銀も融資で支援

[有料会員限定]

中部で名古屋市を中心とした都市部の住宅地の価格が上昇している。2021年の地価調査(基準地価、7月1日時点)によると、名古屋の住宅地の平均価格はこの10年で3割弱上がった。21年は新型コロナウイルス禍前の19年比でも、小幅ながら上昇した。地価回復をけん引しているのは、厳しい景況感の中で、積極的に投資している個人で、中部の地方銀行も融資に応じた。中部不動産の今を点検する。

「名駅西は狙い目ですね」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2603文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン