/

DMG森精機、奈良に本社 東京の拠点と2本社制

工作機械大手のDMG森精機は22日、7月1日付で本社を名古屋市から奈良市に移すと発表した。JR奈良駅(奈良市)近くで7月稼働予定の研究拠点に機能を移し、既に本社機能のある「東京グローバルヘッドクォータ」(東京・江東)と併せて2本社制とする。災害やサイバー攻撃などのリスクに迅速に対応する狙いがある。

同社は1948年に奈良県大和郡山市で創業し、奈良事業所(同市)で小型の工作機械などを手掛けている。事業展開が広がるなか、2004年に名古屋市に本社機能を移した。奈良駅近くには開発拠点「奈良商品開発センタ」を建設しており、技術者交流や人材確保の強化につなげたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン