/

新和菓子土産「なごや菓八菓」、名商が8品選定

名古屋商工会議所は22日、名古屋の新しい和菓子土産ブランド「なごや菓八菓」に8品を選んだと発表した。ビジネス出張時の手土産を想定し、あられやまんじゅうなどを選んだ。1箱は1080~1620円。

「なごや菓八菓」のブランドロゴ

名古屋を代表する土産をつくろうと、これまで自社で販売したことがないことを条件に、2020年7月から新しい和菓子の募集を始めていた。12月に百貨店のバイヤーなど6人の審査員が18品の応募の中から8品を選んだ。その後、専門家のアドバイスを踏まえ、商品や包装のデザインやネーミングを決定した。

このうち老舗和菓子店の両口屋是清(名古屋市)は、名古屋名物の鬼まんじゅうとういろうの良さを取り入れた「鬼うゐろう」を開発した。鳴門金時芋を使い、甘みとホクホク感が特徴という。

3月3日からJR名古屋高島屋で8品のお披露目をする。

両口屋是清が開発した「鬼うゐろう」

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン