/

セントレアに「水平リサイクル」促すゴミ箱 国内空港初

中部国際空港(愛知県常滑市)は22日、使用済みペットボトルから再生ボトルを作ることで二酸化炭素排出を削減する「水平リサイクル」を促すゴミ箱を設置した。飲み残しをなくしたりラベルをはがしたりするなど、水平リサイクルをしやすくしてから捨てるよう呼びかける。国内空港では初で国際的に注目が高まる「空の脱炭素」の取り組みを強化する。

空港内の5カ所に設置した。中部空港は7月にサントリーホールディングス(HD)、常滑市と水平リサイクルの連携協定を結んだ。同空港では2019年度に年間約80㌧のペットボトルが排出されている。水平リサイクルにより石油由来の原料で新たにペットボトルを作るのに比べ年間の二酸化炭素排出を約60%削減できるという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません