/

この記事は会員限定です

中部10信金、融資5700億円増 リーマン、震災後上回る 

[有料会員限定]

愛知、岐阜、三重県に本店を置く主要10信用金庫の2020年4~9月期(上期)決算が出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う中小企業の資金繰り対策で、9月末時点の融資残高は計9兆4400億円と、前年同月末比で約5700億円(6%)増えた。実質無利子・無担保融資がけん引した。増加額はリーマン・ショック(08年秋)や東日本大震災(11年3月)の直後を上回る。

足元の感染再拡大で年末年始の移動自粛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン