/

この記事は会員限定です

中部の外食、名古屋市外でも時短継続 夜間の客足期待薄

[有料会員限定]

愛知県は21日、新型コロナウイルス対策に伴う独自の「厳重警戒宣言」を解除した。飲食店への営業時間の短縮要請は、対象を名古屋市で酒類を出す飲食店のみとする。ただ、春の歓送迎会シーズンも夜間の客足回復は期待しにくい。中部地方の主な外食各社は名古屋市外でも時短を続けるところが多い。

居酒屋「や台ずし」を展開するヨシックスは市内は午後10時まで、市外は原則それ以降も営業する。愛知県の要請に沿ったかたちだ。

多くの外食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン