/

この記事は会員限定です

豊田織機が今度は電池 お家芸の変わり身で売上高3倍に

[有料会員限定]

豊田自動織機は2023年3月期の車載電池の売上高を前期比3.3倍の約300億円に引き上げる。愛知県内で10月に稼働を始める新工場を中心に約300億円を投じてハイブリッド車(HV)向け電池の生産能力を高める。事業環境の変化に合わせ、蓄積した技術力で事業を多角化するのは豊田織機のいわばお家芸。今回は電池に焦点をあて収益力の一段の引き上げを目指す。

名古屋市から車で30分の愛知県東浦町。44万平方メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません