/

この記事は会員限定です

中部3県預貸率、メガバンク低水準 融資シェア低下

[有料会員限定]

銀行が集めた預金のうち、貸出金に回った比率を示す2021年3月末の預貸率を調べたところ、東海地域では愛知、岐阜、三重県が全国平均を大きく下回った。3県は自動車を中心に製造業が盛んで中堅・中小企業は多い。なぜ預貸率が低迷するのか。背景を探った。

データで読む地域再生

預貸率は日銀の都道府県別データを基に計算した。銀行の店舗所在地ごとに集計している。愛知県に本店を置く地銀でも岐阜県にある支店の預金と貸出金は岐阜のカウントになる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン