/

この記事は会員限定です

中部、23年春大卒採用15%増 東建はコロナ前水準に回復

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2023年春入社の採用計画調査(最終計画)によると、愛知、岐阜、三重県に本社を置く104社の大卒の採用予定人数は22年春に比べ15%増える見込みだ。伸び率は全国平均の19%を下回った。新型コロナウイルスの影響が落ち着きを見せ始め、東建コーポレーションが2倍に増やすなど、採用を抑制していた企業がコロナ前の水準に戻すケースが目立つ。

製造業は22年度と比べ14%増えた。電機が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン