/

この記事は会員限定です

スズキ、トヨタの商用車連合に資本参加 電動化など協業

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

スズキとダイハツ工業は21日、商用車の技術開発を目指すトヨタ自動車を中心とした共同出資会社に出資すると発表した。共同出資会社はトヨタ、日野自動車いすゞ自動車の3社が4月に設立した。スズキとダイハツの出資比率はそれぞれ10%。各社のノウハウを持ち寄り、電動化や自動運転といった先端技術を協力して開発するねらいだ。

トヨタなどは21日記者会見を開き、トヨタの豊田章男社長、ダイハツの奥平総一郎社長、スズキの鈴木俊宏社長が出席した。ダイハツはト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン