/

西濃運輸、東京~広島 貸し切りコンテナ列車週5往復

セイノーホールディングス傘下の西濃運輸は10月5日から、東京貨物ターミナル駅(東京・品川)―東福山駅(広島県福山市)の間に定期コンテナ列車を週5往復走らせる。運行はJR貨物が担い、全20両編成のうち15両を西濃運輸が貸し切る。「ブロックトレイン」と呼ぶサービスでトラック30台分の輸送を置き換え、深刻なドライバー不足を補う。二酸化炭素排出量も年8083トン減らせるという。

西濃運輸は2018年5月に大阪府吹田市―福島県郡山市、仙台市を結ぶルートで「ブロックトレイン」を始めた。21年3月に名古屋市―福岡市のルートを追加しており、今回が3ルート目。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン