/

この記事は会員限定です

トヨタ、既存車に最新機能後付け 人検知や自動ブレーキ

(更新) [有料会員限定]

トヨタ自動車とグループ会社のKINTO(キント、名古屋市)は21日、購入済みのトヨタ車のソフトウエアやハードウエアの機能を最新の状態に引き上げるサービスを始めると発表した。2022年1月から東京や浜松の販売店で始める。後方の歩行者の検知や衝突被害を軽減する自動ブレーキといった安全機能を後付けすることが可能になる。

キントの小寺信也社長は21日、オンライン記者会見を開き、22年1月にアップグレード...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン