/

この記事は会員限定です

中部の設備投資16%増 非製造業けん引、コロナ前超える

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2022年度の設備投資動向調査で、中部主要企業の投資額は前年度実績比16%増の4兆163億円になる見通しとなった。全国の伸び率(25%)よりは小幅だが、製造業では車載電池や半導体関連で積極的な投資を計画している。非製造業でも新型コロナウイルス感染拡大で先送りしていた投資再開に踏み切る動きが出ている。コロナ禍前の19年度実績(3兆7053億円)を初めて上回る予定だ。

集計対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン