/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、名古屋に新興育成拠点 ファンドも創設

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ソフトバンクは名古屋市に日本最大級のスタートアップ育成拠点を設ける。愛知県の事業を144億円で引き受け設計から運営まで担う。延べ床面積は2万3千平方メートルで国内外からリモート参加を含め1千社を集める。2024年に開業する。投資ファンドも立ち上げる。スタートアップ投資や育成の経験を生かす。

名古屋市に設ける育成拠点「ステーションAi」は民間資金を活用して公共施設を運営する「PFI事業」。愛知県が近く施設の整備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン