/

この記事は会員限定です

宣言後の名古屋、日曜日の人出は18%減 平日は変わらず

[有料会員限定]

愛知県と岐阜県が政府の緊急事態宣言の対象となってから20日で1週間となった。この間、愛知では感染者数が350人超えとなった日もあり、宣言後、特に週末の人出は大幅に減少した。土曜日と日曜日の名古屋駅の人出を宣言の前後でそれぞれ比較すると、1月9日と16日では12%減、1月10日と17日では18%減となった。週末の行動自粛が広がっていることを裏付けた。

NTTドコモの携帯電話の位置情報からリアルタイム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン