/

この記事は会員限定です

融資の公的保証4000億円 企業再び資金繰りに奔走

中部とコロナ・2年目の試練 「K字型」回復の実相㊦

[有料会員限定]

「3月はゼロゼロ融資の相談が多かった」。名古屋銀行今池支店(名古屋市)の石田真一支店長はこう話す。

ゼロゼロ融資とは実質無利子・無担保融資のことだ。保証人となる公的機関、信用保証協会へ借入期間中に払う保証料と、最長3年間の金融機関に払う利子を免除する。条件によって元本返済も一定の期間、免れる。国の予算で中小企業や小規模な事業者の資金繰りを支える目玉政策として、2020年5月に民間金融機関で取り扱いが始まった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン