/

この記事は会員限定です

「鉢植え」日本一の愛知豊明花き市場、競りオンライン化

[有料会員限定]

「鉢物」と呼ばれる鉢植え植物の取扱高で全国首位の愛知豊明花き地方卸売市場(愛知県豊明市)は9月、競りをオンライン化した。来場する必要がなくなり、全国の卸売市場と連携して競りの参加資格がない生花店も加われるようにした。全国でも珍しい取り組みだ。参加者を増やして競り価格を安定させようとの狙いだ。

豊明花き市場では花や観葉植物の幅広い品種が取引され、愛知県で栽培が盛んなカーネーションやシクラメンも売買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン