/

JR東海、リニア「神奈川県駅」公開 相模原市

JR東海は30日、リニア中央新幹線の相模原市で建設中の「神奈川県駅(仮称)」の工事を報道陣に公開した。東京・品川と名古屋間の4つの中間駅の一つで、地下約30メートルに設けられる。JR横浜線や京王電鉄が通る橋本駅南口に近く、乗換駅としての役割や周辺の再開発が期待されている。

神奈川県駅は建設にあわせ移転した高校の跡地に造られ長さ680メートルほど。ルートの両側はいずれも地下に路線が設けられる。2019年の11月に起工式を開き、ホームや駅舎らしき施設はまだ見当たらない。

駅の中央部になる部分では傾斜面で囲まれた穴を掘り、その底で建設が進む。駅が完成したら埋め戻して地上部分の開発につなげる。品川駅や名古屋駅は、周囲に道路や建物が多い工区で土留めの壁を作って穴を掘り、工事を進めている。山梨県、長野県、岐阜県で予定される中間駅はいずれも地上だ。

リニア中央新幹線は品川駅―名古屋駅間を時速500キロメートルで結ぶ。神奈川県駅は品川駅を出て次の駅になる。JR東海はリニア中央新幹線の品川―名古屋間で27年に開業する計画だった。ただ静岡県内の南アルプストンネル静岡工区をめぐり近くを流れる大井川の水量が減るとして、川勝平太知事が工事に反対している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン