/

この記事は会員限定です

リニア工事「静岡の懸念払拭を」 JR東海に国の有識者

[有料会員限定]

リニア中央新幹線をめぐる国の有識者会議は19日、中間報告をとりまとめ静岡県が懸念してきた大井川の水量について「中下流域の河川流量は維持できる」と結論づけた。ただ静岡県はただちに工事を認めない方針で膠着状態は変わらない。座長の福岡捷二・中央大研究開発機構教授は19日の会合後の記者会見で「JR東海には静岡県や利水者の不安や懸念を払拭してほしい」と指摘した。

有識者会議は、協議が難航していたJR東海と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン