/

三重知事選に石川氏出馬 共産推薦の岡野氏が政策発表

現職の辞任に伴う三重県知事選挙(8月26日告示、9月12日投開票)をめぐって20日、無所属新人で会社社長の石川剛氏(47)が出馬を表明した。津市内で記者会見した。石川氏はブラジル生まれ。「名古屋と大阪に挟まれ発展途上の感がある三重を豊かな県にしたい」と話した。

また前県議で共産党が推薦する無所属新人の岡野恵美氏(69)も同市で記者会見して政策を発表。①国体を中止し新型コロナウイルス対策に注力する②リニア中央新幹線の推進をやめ生活交通を重視③防災の充実、などの政策を発表した。今回の知事選には、前国土交通省自動車局長で自民党や立憲民主党などが擁立する無所属新人の一見勝之氏(58)も出馬を表明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン