/

この記事は会員限定です

愛知の漏水 農業用水、応急処置5月中の再開目指す

(更新) [有料会員限定]

東海農政局は20日、農業用水の再開に向け、5月中をめどに必要な取水量を確保する方針を示した。漏水があった取水施設で水をくみ上げるポンプを倍増する。愛知県は明治用水を管理する農家の団体に対し、従来の水源とは別の河川から水をくみ上げ、農業用水に取り込む許可を出す方針。田植えシーズンを迎えた農家への影響拡大を防ぐ。

大規模な漏水が起きた取水施設「明治用水頭首工」は東海農政局が所管する。仮設ポンプで水を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン