/

この記事は会員限定です

名鉄、賃貸マンションで活路 22年に刈谷駅前で新物件

[有料会員限定]

名古屋鉄道が自社の遊休地を活用する賃貸マンション事業に力を入れている。2022年3月に刈谷駅(愛知県刈谷市)前に「メリヴ刈谷」を竣工することが分かった。メリヴは16年から展開する同社の賃貸マンションブランド。今後は所有地以外でもマンションを積極的に開発することも検討する。新型コロナウイルス禍で業績が逆風でも、安定収入が見込める不動産部門は事業を拡大する。

新たな物件は76戸で、刈谷駅南口から徒歩約3分のレン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン