/

トヨタ、工場停止を最長23日まで延長 部品不足で計3万台に影響

トヨタ自動車は19日、13日に発生した福島沖地震の影響で国内8工場12ラインで22日から23日にかけて最長で2日間稼働を停止すると発表した。17日から続けていた稼働停止を延長する。地震によって一部の部品メーカーからの部品供給が不足した。多目的スポーツ車(SUV)の「RAV4」や高級車「レクサス」などの車種が対象になる。17日からの稼働停止分とあわせ、合計で3万台の自動車の生産に影響が出るとしている。

稼働を止めるラインの生産拠点は高岡工場(愛知県豊田市)やトヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)など。国内15工場28ラインのうち、8工場12ラインが停止の対象だ。豊田自動織機のSUV「RAV4」生産ラインや日野自動車の羽村工場も対象となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン