/

JR東海、バイオ燃料を在来線に利用 ユーグレナと検証

JR東海は19日、在来線の車両に次世代バイオディーゼル燃料を使う試験を1月下旬から始めると発表した。ミドリムシ関連製品を開発するユーグレナと取り組む。JR東海によると、鉄道に次世代バイオディーゼル燃料を使う取り組みは国内で初めて。理論上、軽油をすべて切り替えることも可能だとしている。

19日に記者会見した金子慎社長は「今回の燃料は軽油とほぼ同じ特徴を持つ。供給能力や価格も踏まえ、有効性を確かめたい」と話した。燃料は使用済みの食用油やミドリムシを主成分とする「ユーグレナ油脂」を原料とした製品だ。

JR東海は単体の二酸化炭素(CO2)排出量のうち、約5%がディーゼルエンジンを使う車両由来だ。今回導入する次世代バイオディーゼル燃料は分子の構造が軽油と同じで、エンジンなどに大きな改変をせずに使うことが可能だ。従来のバイオ燃料は、軽油と異なる分子構造で、エンジントラブルを防ぐため、混合率を5%までとする規定があった。

2022年7月から運転する新型特急車両HC85系を使い、1月下旬からエンジン単体の試験を、2月からは走行試験を実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン