/

JAL、中部―宮古便を新設 3月から季節運航

日本航空(JAL)は19日、中部―沖縄・宮古便を新設すると発表した。3月28日から夏期にかけ、乗客の見込める時期に季節運航する。中部―沖縄・石垣便も8年半ぶりに復便する。新型コロナウイルス下で国際線需要が大幅に減るなか、国内線を強化する施策のひとつ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン