/

この記事は会員限定です

豊田織機、新電池工場を22年度稼働 HV向け需要に対応

[有料会員限定]

豊田自動織機は2022年度にハイブリッド車(HV)向けの電池を生産する新電池工場を稼働させる。新電池工場は「石浜工場」(愛知県東浦町)で、従来型電池よりも小型で高出力な車載電池を生産する。脱炭素化に向けた動きが広まるなかで、まずは普及が進んでいるHV向けに車載電池事業を立ち上げる。

カーエアコン用コンプレッサーを生産する東浦工場(愛知県東浦町)に隣接する所有地に、延べ床面積約2万平方メートルの石浜工場を新設す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン